スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福知山線脱線>歴代3社長強制起訴 遺族ら仏前に語りかけ(毎日新聞)

 JR福知山線脱線事故に関し、同社の歴代3社長が業務上過失致死傷罪で強制起訴された23日、遺族や負傷者は「これで真相究明に踏み出せる」と期待を示した。長女容子さん(当時21歳)を亡くした兵庫県三田市の奥村恒夫さん(62)は、自宅の仏壇の前で「事故から5年かかったけど、やっと次に進めるよ」と容子さんに語りかけた。

 奥村さんはこの日午後3時、テレビの速報で強制起訴を知った。「裁判は毎回傍聴したい。法廷で3人に直接向き合ったら、『娘を返せ』という言葉が出そうだ」と話す。

 2階にある容子さんの部屋は、ほぼ事故当時のまま。「容子がいつか帰ってくるような気がして……」。壁に掛かったカレンダーも、事故があった05年4月のまま、めくられていない。

 あれから5年の歳月が流れたが、「『第二の容子』をつくらないために、歴代社長の責任追及を見守ることが私の使命」と話した。【大沢瑞季、衛藤達生、小坂剛志】

【関連ニュース】
福知山線脱線:JR西日本歴代3社長の起訴状要旨
福知山線脱線:JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士
JR福知山線脱線:歴代3社長、強制起訴前に聴取せず
福知山線事故:JR西 漏えい防止策進ちょく状況など報告
JR脱線事故:9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート

明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴(産経新聞)
仙谷担当相 閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)
「桃太郎のお供は?」「アンパンマン!」 昔話知らない子供たち(産経新聞)
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児(産経新聞)
またキリスト教会に消火器 大阪・旭区(産経新聞)

「大阪都で日本牽引」 橋下新党「維新の会」発足(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事を代表とする地域政党「大阪維新の会」は19日、府選挙管理委員会に政治団体設立を届け出、同日夜、大阪市内で設立総会を開いた。府と大阪市などを再編する「大阪都」構想や議員定数の削減を基本政策に掲げ、来春の統一地方選挙で独自候補を擁立し、府議会などでの過半数の議席獲得が目標。総会で橋下氏は「政治しか日本を変えることはできない。『東京都とともに、大阪都で日本を引っ張る』というゴールを共有し、本当の意味での政治を進めよう」とあいさつした。

 大阪維新の会は地方議員で構成する事実上の「橋下新党」。橋下氏はこれまで「あくまで大阪を変えるという一点でやっていきたい」とし、地域政党として活動するため、夏の参院選に候補者を擁立する考えはないという。山田宏東京都杉並区長らが結成した「日本創新党」などの新党とは一線を画す方針だ。

 これまで大阪維新の会に参加した議員は府議24人、大阪市議1人、堺市議5人の計30人。大半は自民党籍を持った議員だが、民主党からの離党組も含む。さらに数人が加入の意向を示している。

 大阪都構想は、広域行政機能を強化するため、府と大阪、堺両市のほか、周辺の9市を再編し、人口30万人規模の特別区を置く。

<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
岡田外相と米大使が電話協議=普天間(時事通信)
高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件(時事通信)
<天気>オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く(毎日新聞)

発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡-福岡(時事通信)

 15日午後7時半すぎ、福岡市中央区城内の国指定の史跡「鴻臚館(こうろかん)跡」の発掘調査事務所から煙が出ているのを散歩中の女性が発見、119番した。平屋建てプレハブ(約125平方メートル)を半焼したが、けが人はいなかった。出火当時は無人だったといい、県警中央署と市消防局が出火原因を調べている。
 市教育委員会によると、鴻臚館は平安時代に設置された外交施設。プロ野球の本拠地として知られた平和台球場改修工事に伴って遺構が発見され、1987年から発掘調査が行われている。事務所内には出土品に関する記録などがあったといい、市教委が被害状況を確認している。 

【関連ニュース】
【Off Time】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
【特集】昭和の春「思い出甲子園」~怪物江川、ドカベン香川、KKコンビ~
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産

<火災>鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)
<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)
民主の渡部氏が「政局を迎えた」 と、鳩山政権の先行きに強い危惧(産経新聞)
<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)

介護保険制度や現場の課題めぐりケアマネらが意見交換(医療介護CBニュース)

 ケアマネジャーらを対象とした勉強会「介護保険制度改正に向け理解力を現場から調査しよう」が4月9日、東京都内で開かれ、各地から約20人が参加、介護保険制度や現場の課題について意見交換した。

 当日は、立教大コミュニティ福祉学部教授で、NPO渋谷介護サポートセンター事務局長も務める服部万里子氏が講演。居宅介護支援事業や訪問介護事業などの職員の給与が、09年度の介護報酬改定以降もあまり伸びていない点や、指定取り消しを受ける居宅介護支援事業所が相変わらず多いなどの課題を説明した。

 特に国が高齢者専用住宅などを拡充させようとしている点については「介護を受ける側の声が反映されているとは考えにくい」と指摘した上で、「まずは在宅での介護を守るための制度と仕組みを検討すべき。(国が)それをあきらめて高齢者専用住宅の整備を急いでいる点には疑問を感じる」と述べた。

 参加したケアマネジャーらからは、「認知症の独居者をケアするためには、小規模多機能の施設が必要」「認知症の要介護者をケアする場合には、身体の障害によって介護が必要となった人とは全く質の違うサービスが必要だから、要介護度を認定する際も別の基準を設けるべき」といった意見が出た。

 また、主に認知症の高齢者を受け入れるグループホームについては、「決定的に不足しており、増設が必要」という声の一方で、「施設を増やす必要性はあるが、要介護度の重い人ばかりが入居してしまうと、世話人が対応しきれない」という意見も出た。


【関連記事】
介護職員処遇改善交付金の実施要領を改正―厚労省
「介護保険の公費60%に」―市民団体が厚労相に要望書
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン
介護職員処遇改善交付金のキャリアパス要件を決定―厚労省
次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官

JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ-政府と組合側(時事通信)
諫早湾干拓事業 検討委「4月末ごろ方向性」 現地視察へ(毎日新聞)
3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機-ヒーター故障で過電流? (時事通信)
<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)
<輸血ミス>60代女性死亡 因果関係なしと阪大病院(毎日新聞)

新党には参加せず 党の新人事にも批判 舛添氏(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は6日昼、平沼赳夫元経済産業相や与謝野馨元財務相らによる新党結成について「今まで平沼、与謝野両氏とそういう話で電話をしたことも、会ったこともない。一切私に関係のない話だ」と述べ、参画することはないとの考えを示した。

 執行部批判を繰り返す河野太郎衆院議員を幹事長代理に起用するなどした党内人事には「体制の刷新を言ってきたが、それがかなえられているとは思えない」と批判し、改めて執行部の人心一新を求めた。実現しない場合には「あらゆる可能性をオープンにしている」と述べるにとどめた。

 執行部が夏の参院選の選挙対策本部長代理に起用しようとしていたことには、「直接(要請が)なかった」と述べた。同時に「私は一切の役職につかない」とも述べた。国会内で記者団の質問にこたえた。

【関連記事】
邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
散弾銃を不法所持、店内に飾っていた喫茶店マスターを逮捕 大阪府警(産経新聞)
メッセンジャー黒田さん活動再開(時事通信)
債務残高比率「安定的に縮減」=財政健全化へ素案-国家戦略室(時事通信)
<掘り出しニュース>蒲郡みかん郵便ポスト、駅や市役所に登場(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。