スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)

 インターネットを利用した選挙運動の解禁を検討してきた与野党実務者協議会は26日、今夏の参院選から解禁するため、公職選挙法改正案(ネット選挙解禁法案)の今国会成立をはかることで最終合意した。候補者と政党に限って選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を認める。

 同日午前の協議会では自民党が、公選法改正案を審議する衆院政治倫理・公職選挙法改正特別委員会の牧野聖修委員長(民主)が、国会議員選挙執行経費基準法改正案の採決を強行したと批判し、合意できなかった。だが、その後の調整で自民党は軟化し、同日午後の協議会で最終合意した。

 協議会座長の民主党の桜井充参院政審会長は記者団に、(1)罰則規定がある法律は公布から施行まで20日間の周知期間が必要(2)予想される参院選公示日は6月24日-のため、6月4日までに衆参両院で公選法改正案を成立、施行しなければならないと指摘した。

【関連記事】
ネット選挙運動の一部解禁 若者投票率アップに期待
ネット選挙運動「解禁賛成」が過半数
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
つぶやき急増 ネット選挙解禁も
真夜中のお騒がせ男
虐待が子供に与える「傷」とは?

<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
<死体遺棄>側溝に切断された両脚 新潟・村上(毎日新聞)
琴光喜から事情聴取 野球賭博疑惑で脅迫受ける? 警視庁(産経新聞)
福島氏は首相判断尊重を=岡田外相(時事通信)
ゲームでウイルス拡散→名前暴露→削除料要求(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。