スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本の城景】「岡崎城」 神君出生、今は憩いの場(産経新聞)

 薄紫のシャワーが新緑の城を彩っていた。4月末、藤棚が見ごろをむかえた愛知県岡崎市の岡崎城。約1300平方メートルの藤棚では、樹齢120年を超えた古株も盛りの花をつけていた。

 岡崎市役所観光課によると、藤棚はかつて、城の入り口付近にあったとされ、岡崎藩が5万石だったことから「五万石藤」と呼ばれている。

 藤棚や岡崎城天守閣がある岡崎公園は、約10万平方メートルの広大な敷地を有し、今は市民の憩いの場だ。

                   ◇

 文献などによると、同城は康正元(1455)年に築かれ、享禄4(1531)年、徳川家康の祖父、清康が居城とした。天文11(1542)年、家康が岡崎城で誕生。産湯に使ったという井戸が今も残る。桶狭間の戦い後、岡崎城に入城した家康は、元亀元(1570)年に浜松に移るまで、城主となった。

 城主が本多氏に代わっていた元和3(1617)年、南に附櫓、東に井戸櫓を持つ天守閣が築かれた。天守閣は明治6年から翌年にかけて取り壊されたが、昭和34年に再建された。

                   ◇

 廃城の際、城の柱3本と城内に植えてあったソテツが、近くの「カクキュー」の屋号で知られる合資会社八丁味噌の早川家に贈られた。そのソテツは、約130年たった今も生き続け、昨年も花を咲かせた。

 正保2(1645)年の創業で19代目の早川久右衛門氏(59)は、歴史が息づく城下町の歴史に触れ、「江戸時代から続く味噌づくりの製法や味を地場産業として、地域力として無くしてはいけない」と言い、城の存在とともに、「100年も200年も、未来に残していきたい」と話した。

 取材に訪れた最終日、降りしきる雨も止み、五月晴れの青空が広がった。「神君出生の城」に、元気な子供たちの声がこだました。(写真報道局 竹川禎一郎)

                   ◇

 【アクセス方法】 名鉄で東岡崎駅下車。徒歩15分。問い合わせは岡崎城(TEL0564・22・2122)。

【関連記事】
四季折々“表情”変える雄姿 甲信越紀行 松本城
島田あきお、三橋美智也さん名曲など熱唱
一乗谷朝倉氏遺跡 中世のガラス工房跡と大量のガラス玉出土
お龍と童心に返った下関
歴史の痕跡に心惹かれ…
少子化を止めろ!

パトカー衝突、車の男性軽傷=別の違反車追跡中-警視庁(時事通信)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
改革クラブ離党の大江氏、幸福実現党入り(産経新聞)
<電気自動車など>電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)
【from Editor】働く若者を増やさないと(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。